ZEISS社と京都大学、ZEISS iCeMS Innovation Coreをオープン

イエナ、ドイツ、京都、日本| 2019年10月30日| ZEISS Research顕微鏡ソリューション – ZEISSと京都大学は協力を強化しており、新しい戦略的研究契約に署名しています。 協定の一環として、パートナーは、京都大学の統合細胞材料科学研究所(iCeMS)の共同研究室であるZEISS iCeMSイノベーションコアを開設しています。 そのため、この契約は、両機関間の長年にわたるパートナーシップをさらに強固にすることを目指しています。 新たに確立されたフレームワークは、京都大学に最新のZEISS顕微鏡技術へのアクセスを提供します。 その見返りに、ZEISSは、顕微鏡技術の応用における新しいトレンドを含め、京都で行われている世界クラスの研究についてより深い洞察を得るでしょう。 https://www.zeiss.com/microscopy/int/about-us/press-releases/2019/partnership-with-kyoto-university.html

画像提供元:写真AC

X線顕微鏡ZEISS Xradia 610、620 Versaが発表

ZEISSは、ZEISS Xradia Versaファミリーの2つの新しい先進モデルを紹介します。ZEISS Xradia 610および620 Versa X線顕微鏡は、フルレンジの出力とkVにわたって分解能とコントラストを犠牲にすることなく、インタクトなサンプルの高速非破壊イメージングにより優れています。 https://www.zeiss.com/corporate/int/newsroom/press-releases.html?id=zeiss-xradia-600-series_2019

画像提供元:写真AC

ZEISS社、SPECTRUM CMMを発表

ZEISS Industrial Quality Solutionsは、新しいSPECTRUMブリッジ型座標測定機(CMM)ラインを発表しました。 最新のZEISSソフトウェアを使用し、センサと機械技術をスキャンすることで、これらの経済的なシステムは、日々の測定アプリケーションを容易に処理できるように設計されています。 https://www.zeiss.com/corporate/int/home.html

画像提供元:写真AC

ZEISS Mineralogic v1.6リリース

ZEISSは本日、ZEISS Mineralogicソフトウェアの最大の新リリースを発表しました。 これはZEISS Mineralogicの7回目の記事です。ソフトウェアが2014年7月に発売されて以来、機能と生産性の両面で大きな進歩を遂げています。 https://www.zeiss.com/corporate/int/newsroom/press-releases.html?id=zeiss-mineralogic_2018

画像提供元:写真AC

ZEISS社、米国でIOLMaster 700によるTotal Keratometryを開始

アメリカ眼科学会(AAO)の年次総会で、ZEISSのIOLMaster?700用全身角膜測定装置(TK?)を発表しました。白内障外科医に後部角膜表面に関する仮定を正確な測定値に置き換える機会を提供し、結果を改善するのに役立ちます。TK?は、標準式および既存のIOL定数と互換性があるように開発され、外科医が既存ワークフローへの混乱を最小限に抑えて外れ値のケースを検出できるようにしました。 https://www.zeiss.com/corporate/int/newsroom/press-releases.html?id=zeiss-at-aao-2018_2018

画像提供元:写真AC