世界のIoTチップ市場は2029年までに15%成長 – Reportlinker

調査によると、グローバルIoTチップ市場は2018年に83億3,000万ドルを生み出し、2019年から2029年までの予測期間中に15.18%のCAGRを目撃すると予想されています。IoTチップ市場の成長は、家庭用電化製品アプリケーションでの絶え間ない需要に起因しています。 さらに、センサーコストの低下と革新的なシリコンチップテクノロジーが、今後の市場成長をさらに促進すると期待されています。 https://www.reportlinker.com/p05841105/Global-IoT-Chip-Market-Focus-on-Type-End-use-Industry-and-Region-Analysis-and-Forecast.html

画像提供元:写真AC

世界のヘルスケア業界向けIoT市場は2024年までに28%成長 – ReportLinker

予測期間中に27.6%のCAGRで成長するヘルスケア市場規模のグローバルモノのインターネット(IoT)
ヘルスケア市場規模のIoTは、予測期間中に27.6%の複合年間成長率(CAGR)で、2019年の555億米ドルから2024年までに1,880億米ドルに成長すると予測されています。 ヘルスケア市場のIoTは、技術の進歩、自己健康管理サービスの需要の高まり、デジタル化の高まり、現代のヘルスケアエコシステムで行われている接続性とイノベーションの全体的なレベルの増加などの要因によって推進されています。 ただし、熟練したデジタル労働力の不足、および重要な患者情報の侵害に関連するセキュリティ上の懸念による組織の課題は、ヘルスケア市場でのIoTの成長を制限すると予想されます。 https://www.reportlinker.com/p05184178/IoT-Healthcare-Market-by-Component-Application-End-User-And-Region-Global-Forecast-to.html

画像提供元:写真AC

世界の航空業界向けIoT市場は2025年までに22%成長 – ReportLinker

航空市場におけるIoTの推進には、運用効率の向上と乗客体験の向上が期待されています。航空機市場のIoTは、2019年の593百万米ドルから2025年までに19億4,100万米ドルに成長すると予測されており、予測期間中のCAGRは21.9%です。 ワイヤレスネットワークテクノロジーの進歩により、効率と接続性が向上し、乗客の利便性が向上したことが、市場を牽引する主な要因の一部です。
?エンドマーケットによって、空港セグメントは予測期間中に最高率で成長すると予想されます。エンドマーケットによって、空港セグメントは予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。現代の空港の要件は、商業飛行の最初の日と比較して複雑さと規模の点で増加しています。 https://www.reportlinker.com/p05834251/IoT-in-Aviation-Market-by-End-Market-Application-Component-Region-Global-Forecast-to.html

画像提供元:写真AC

世界のシミュレーションソフトウェア市場は2025年までに15%成長 – ReportLinker

グローバルシミュレーションソフトウェアの市場規模は、2025年までに194億ドルに達すると予想されており、予測期間中にCAGRが15.3%増加すると予測されています。 シミュレーションソフトウェアは、企業がサンプルプロセスを作成し、実際に実行せずに操作を監視できるようにするプログラムです。 異なる入力を使用して、同じプロセスまたは変更されたプロセスの応答のテスト、追跡、および分析を容易にします。 シミュレーション技術は、一般的に機器を設計するために使用され、最終製品が手順に高価な変更を加えることなく設計仕様に類似するようにします。 いくつかの航空宇宙および防衛企業は、画像認識および関連アプリケーションを改善するための研究に多額の投資を行っています。 https://www.reportlinker.com/p05826096/Global-Simulation-Software-Market.html

画像提供元:写真AC

世界のIoT市場は2024年までに32%成長 – ReportLinker

モノのインターネット(IoT)市場の価値は2018年に1億130.16百万米ドルであり、2024年までに6062.77百万米ドルに達すると予想され、2019年から2024年の予測期間にわたって31.87%のCAGRを登録します。 ビジネスモデルは、デバイスコストの低下と相まって、IoTの採用率を高めており、その結果、コネクテッドカー、マシン、メーター、ウェアラブル、家電などの接続デバイスの数に影響を与えています。 https://www.reportlinker.com/p05826228/Internet-of-Things-IoT-Security-Market-Growth-Trends-and-Forecast.html

画像提供元:写真AC

世界の3D CAD市場は2025年までに6%成長 – ReportLinker

グローバルな3D CADソフトウェアの市場規模は、2025年までに130億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間中にCAGRが6.2%に上昇します。 3D CADソフトウェアの導入は、最終用途産業が製品を設計する方法に革命をもたらしました。CADは、ヘルスケア、建設、製造、自動車などのさまざまな業界で環境が改善され、絶えず変化しているため、高い採用率を目の当たりにしています。また、欠陥のある部品を製造するリスクを排除し、製造プロセスの費用対効果を高めるのにも役立ちます。 https://www.reportlinker.com/p05763717/3D-CAD-Software-Market-Size-Share-Trends-Analysis-Report-By-Deployment-By-Application-And-Segment-Forecasts.html

画像提供元:写真AC

工業用流体市場は2023年までに9%成長 – ReportLinker

工業用流体(フッ素系流体)市場は2018年に854百万米ドルと推定され、2013年から2023年の間に8.8%のCAGRで2023年までに13億400万米ドルに達すると予測されています。 エレクトロニクス&半導体、自動車、航空宇宙などの産業における問題。 これらの特性は、フッ素化が、高圧、酸化されやすい環境、および高温動作条件などの極端な条件下で機能することを可能にする。 機械部品間の摩擦を低減するために、エンジニアリング流体(フッ素化流体)は、エレクトロニクス&半導体、自動車、化学処理、石油&ガス、発電、航空宇宙などのさまざまな最終用途産業で使用されています。 https://www.reportlinker.com/p05758944/Engineered-fluids-Market-by-Type-End-Use-Industry-Region-Global-Forecast-to.html?utm_source=PRN

画像提供元:写真AC

3Dプリント市場は2024年までに23%成長 – ReportLinker

3Dプリンティング市場全体は、CAGR 23.25%で成長すると予想されています。 カスタマイズ製品の開発の容易さ、製造コストとプロセスのダウンタイムの削減、3D印刷プロジェクトへの政府の投資、および新しい工業用3D印刷材料の開発が、この市場の成長を牽引する重要な要素です。 https://www.reportlinker.com/p04998220/3D-Printing-Market-by-Offering-Process-Application-Vertical-and-Geography-Global-Forecast-to.html

画像提供元:写真AC