Pepperl+Fuchs社、傾斜測定センサー「F199」を発表

Pepperl + Fuchs製のF199は傾斜測定用に設計されています。 F199は、重力に対する機械または機械要素の傾斜角度の測定フィードバックを提供します。 https://www.pepperl-fuchs.com/global/en/index.htm

画像提供元:写真AC

Pepperl+Fuchs社 、Reduction Factor 1 Sensorsをリリース

プラント設計者は、さまざまな種類の金属でできた物体を検出することを目的とした場合、さまざまな種類のセンサーを使用したり、時間のかかる再構成に対処する必要がありました。リダクションファクター1センサーはこの問題を回避し、あらゆる種類の金属のスイッチング距離を統一します。 世界初の誘導型近接センサーの発明者として、Pepperl + Fuchsは、IO-Linkを使用した低減係数1センサーを含むようにそのポートフォリオを拡張し、ユーザーにさらに高い柔軟性、追加機能、および診断オプションを提供します。 https://www.pepperl-fuchs.com/india/hi/35686.htm

画像提供元:写真AC

Pepperl+Fuchs社、F199 Inclination Sensorを発表

機械やプラント、モバイル機器、太陽光発電システムなど、傾斜角度を確実に測定する必要がある場合は常に傾斜センサーを使用します。 Pepperl + FuchsはすでにF99シリーズのさまざまなアプリケーションに適した傾斜センサーを提供しています。 https://www.pepperl-fuchs.com/india/hi/35717.htm

画像提供元:写真AC

Pepperl+Fuchs社、G20 ZPA Roller Moduleを発表

重量のあるものや壊れやすいものや手作業を伴う用途の輸送にPepperl + Fuchs製の新しいG20 ZPAローラーモジュールを使用すると、コンベアベルト上の梱包材の送り込みを、コンベアベルトから出る梱包材の割合に合わせて調整できます。 https://www.pepperl-fuchs.com/india/hi/35671.htm

画像提供元:写真AC

Pepperl+Fuchs社、光学センサ「R20x Series」を発表

Pepperl + Fuchsは、動作距離の長いアプリケーション向けの中型光電センサシリーズを発表しました。これはR20xシリーズです。 このシリーズは、スルービームセンサー、偏光フィルターを備えた再帰反射センサー、透明な物体認識、高性能拡散モードセンサー、バックグラウンド抑制とフォアグラウンド抑制を備えたセンサー、2つのスイッチポイントによる光バリアの測定、距離センサーなどのすべての光電機能原理を備えています。 https://www.pepperl-fuchs.com/global/en/index.htm

画像提供元:写真AC

Pepperl+Fuchs社、RFID IO-Link Read/Write Headsを発表

Pepperl + FuchsはIO-Linkのポートフォリオでは、国際標準IEC 61131-9に準拠したIO-Linkインターフェイス(V1.1)を提供します。 新しいRFID読み取り/書き込みヘッドとイーサネットIOリンクマスターを組み合わせることで、柔軟な識別ソリューションを提供します。 https://www.pepperl-fuchs.com/usa/en/index.htm

画像提供元:写真AC

Pepperl+Fuchs社、2Dアブソリュートポジショニングシステム「PXV」を発表

Pepperl + FuchsのPXV 2-D絶対位置決めシステムは、トラックスイッチやコードテープの変更に関しても、十分な数のコードを表示します。 https://www.pepperl-fuchs.com/usa/en/index.htm?countrysiteid=-1

画像提供元:写真AC