FANUC(ファナック)社、CRX-10iA、CRX-10iA/L Cobotsを発表

ファナックは最近忙しくしています。 11月にFABTECHで一連のアーク溶接コボットを導入しました。 今週初め、RBR50社のSoft RoboticsからmGripモジュラーグリップシステムの配布を開始しました。 そして今日、世界最大のロボットショーである東京のiRexで、FANUCはCRXコボットのシリーズを発表しました。2つのモデルがあります。1240mmのリーチを備えたCRX-10iAと、より長い1410 mmのリーチを備えたCRX-10iA / Lです。 両方のCRXコボットには、6軸と10kgのペイロード容量があります。 私たちが知る限り、FANUCはCRXコボットに関する情報をまだあまり共有していません。 しかし、おそらく最初に気づいたのはコボットの色です。 同社の古いCRシリーズコボットは緑ですが、新しいCRXモデルは白く仕上げられています。 https://www.therobotreport.com/fanuc-crx-cobots-debut-10kg-payload-capacity/

画像提供元:写真AC

FANUC(ファナック)社、Collaborative Arc Welding Robot(共同アーク溶接ロボット)を発表

ファナックの新しい共同アーク溶接ロボットは、世界的に有名な技術と実績のある信頼性を備えたファナックアークメイトロボットと同じ高レベルのパフォーマンスを提供します。 ビルトインセンサーにより、溶接コボットは高価な保護を必要とせずに、人と一緒に安全に動作できます。 https://www.fanucamerica.com/news-resources/fanuc-america-press-releases/2019/11/15/fanuc-introduces-collaborative-arc-welding-robot-at-fabtech-2019

画像提供元:写真AC

FANUC(ファナック)社、DR-3iB Food Grade Delta Robotを発表

ファクトリオートメーションの世界有数のサプライヤによる最新のニュースと製品の更新。 メディアに関するお問い合わせは、広報にメールしてください。ファナックが新しい食品グレードのデルタロボットを発表しました。ファナックのDR-3iB食品グレードデルタロボットは、積載量、速度、到達範囲、および衛生に関して、ロボットによる食品処理の新しい標準を設定します。 https://www.fanucamerica.com/news-resources/fanuc-america-press-releases/2019/10/18/fanuc-introduces-new-food-grade-delta-robot

画像提供元:写真AC

FANUC社、PACK EXPOでコラボレーティブロボット「CR-15iA」を発表

今週、FANUC CR-15iAコラボレーティブロボット(コボット)がPACK EXPO Internationalデビューを行います。 6軸ロボットは、倉庫、船積み、その他の産業用途に適しています。取り扱い、機械保守、点検、物流が必要です。 同社によれば、ベースに高感度のセンサを1つと、複数の外部センサを1つにするなど、効率的でもあります。 https://www.fanucamerica.com/

画像提供元:写真AC

米国FANUC社、ミシガン州オーバーンヒルズに施設をオープン

CNCシステム、ROBOMACHINEs、Industrial IoTソリューションのリーディングサプライヤであるファナックアメリカ社(FANUC America Corp.)は、エンジニアリング、製品開発、製造、倉庫保管に使用される新しい施設をミシガン州オーバーンヒルズに建設する計画を発表しました。 https://www.fanucamerica.com/

画像提供元:写真AC