Canon(キヤノン)社、CMOSセンサー「3U3MRXSAAC」を発表

キヤノンUSAは、親会社のキヤノンがHDRイメージングに最適な2.8メガピクセル、1 / 2.32インチCMOSセンサーの3U3MRXSAACの開発を進めていることを発表しました。開発中の3U3MRXSAAC CMOSセンサーは、低ノイズレベルで120 dBの広い範囲を達成できるHDR駆動機能を備えています。 このHDR機能は、画像の最も明るい部分と最も暗い部分に大きな違いがある場合でも、使用可能な情報を抽出するための優れた機能を反映します。 https://www.usa.canon.com/internet/portal/us/home

画像提供元:写真AC